Subversionサーバー移行手順

はじめに

Solarisで立てていたSubversionサーバーをNASのLinuxに移すことになりました。個人的にはGitにしたかったんですが、まあ、コードをガリガリ書くような環境じゃないのでいいかな……。

とにかく、svnadminコマンドとか初めて触ったのでおかしなところがあったら指摘プリーズ。

概要

  1. 移行元バックアップ
  2. 移行先Subversionサーバー立ち上げ
  3. バックアップから復元
  4. 新リポジトリの設定
  5. 旧リポジトリのコミット禁止

1. 移行元バックアップ

移行元サーバーにて以下のコマンドを実行する。(「>」は半角にして下さい)

svnadmin dump 移行元ディレクトリ > ダンプファイル

2. 移行先Subversionサーバー立ち上げ

移行先サーバーにてリポジトリ格納用のディレクトリを作成し、Subversionサーバーを立ち上げる。

ex.:

mkdir /share/MD0_DATA/svn
svnserve -d -r /share/MD0_DATA/svn`

3. バックアップから復元

ダンプファイルからリポジトリを復元する。 2. 移行先Subversionサーバー立ち上げ で作成したディレクトリにて以下のようにコマンドを実行する。(「<」は半角にして下さい)

mkdir 移行先ディレクトリ
svnadmin create 移行先ディレクトリ/
svnadmin load --bypass-prop-validation 移行先ディレクトリ < ダンプファイル

4. 新リポジトリの設定

ダンプファイルには設定までは含まれていないようなので、新リポジトリにて再設定する。
移行先ディレクトリ/conf/svnserve.conf を以下のように編集する。

編集前:

# password-db = passwd

編集後:

password-db = passwd

さらに、移行元ディレクトリ/conf/passwd というファイルを 移行先ディレクトリ/conf/passwd にコピーする。

5. 旧リポジトリのコミット禁止

コミット開始をフックするテンプレートスクリプトがあるのでそれを利用する。
移行元ディレクトリ/hooks にて以下のコマンドを実行。

cp start-commit.tmpl start-commit
chmod +x start-commit

start-commit の内容を以下のように編集する。コミット時にcommit.lockという名前のファイルが存在すると異常終了するスクリプトである。

#!/bin/sh
REPOS="$1"
USER="$2"

if [ -e "$REPOS/commit.lock" ];
then
  echo "Service temporary unavailable." 1>&2
  exit 1
fi
exit 0

その後、commit.lock ファイルを作成する。

touch 移行元ディレクトリ/commit.lock

コミット実行時に Service temporary unavailable. 以外のエラーになる場合は start-commit の一行目を #!/bin/bash に変更する。


参考

CIECAM02 勉強中

現在の仕事に直結するISOでもあります。比較的新しい(それでも5年以上前ですが)色空間。まだ手元に日本語の資料が無いのでイマイチ理解不能。適応フィールドとか色順応とか。

Android がうまく起動してくれません。”/data/property” がどうとかで。

HJ と角川スニーカー 200811

妹が携帯電話を洗濯に出してしまったようです。只今必死に乾燥中。合掌。

Mac mini (PowerPC) の Fedora をアップグレードしたら、また無線 LAN が繋がらなくなってしまいました。もう面倒臭いからクリーンインストールしようとしたら……インストール CD から起動してくれない!ど、どーしよう?

 

それでは本日の戦果。

ファミ通文庫 200811

Fedora 9 on Mac mini (PowerPC) を Fedora 10 にアップグレード中。

 

それでは本日の戦果。

本当に鬼門ですな

Fedora 9 on Mac mini (PowerPC) のアップグレードでエラー発生。その内容を見てみると

ERROR with rpm_check_debug vs depsolve:
iwl4965-firmware conflicts with kernel-2.6.25.14-108.fc9.ppc
Please report this error in bugzilla

無線 LAN ドライバ iwl4965-firmware とカーネルが衝突しています。また無線 LAN か。
我が家では無線ルータ AirMac (日本以外では “AirPort” と呼称) で LAN を構築しているのです。古い家屋なので有線は面倒だったので。 LAN ケーブルを部屋まで引っ張ってくるのは無理がある。 Mac mini は重たい CRT ディスプレイに接続しているので動かせない。さてどうやって解決しましょうか。

(2008/9/2 追記) 下記のごとく iwl4965-firmware を除去したら正常にアップグレード完了しました。あれ?

# yum remove iwl4965-firmware ↵

ただいま TeX

手順書作成のために TEX を導入しました。 Word? なにそれおいしいの?(爆)
最初は Cygwin 環境に導入したのですが、どういうわけか Windows が不安定になってしまい、結局角藤版を採用しました。

それでは本日の気になった記事。

Linux on LOOX R の無線 LAN 動作状況

FMV LOOX R に三種類の Linux (Ubuntu 8.04, Fedora 9, Puppy Linux) をインストールしてみました。無線 LAN の動作状況がばらばらだったのでメモしておきます。

§ Ubuntu

恐らくドライバがまともに動いていません。 NetworkManager で「無線ネットワークを有効」にしても電波を拾ってくれません。

§ Fedora 9

ネットワーク名を選択して(隣家のネットワークも拾ってきた)16進数のパスワードを入力するだけで OK。

§ Puppy Linux

電波は拾ったがその他の設定がうまくいかない。設定ウィザードのフローが少々納得いかない。

エンタルピー上がり気味

一ヶ月以上ぶりの土曜出勤でした。ネットワークコマンドとか正規表現の勉強をしていました。

夏も盛り。吾は蒸し暑いと時間が停滞しているような感覚に陥るのですが、これは時計遺伝子が熱暴走している……訳ではなく、きっと熱量の流入出が滞っているからなのだろうと考えています。一日千秋、というか早く秋になれー。

SDHC を余分に購入したので、 SDHC から起動する Linux を作ろうかと思ったのです。取り敢えずお手軽な liveusb-creator を使いました。 Fedora の ISO ファイルのダウンロードまで自動です。それで起動したのですが……何だか欲しいアプリケーションが余り入っていません。 Octave とか Vim とか。次は Puppy Linux で試してみましょう。

視力ががが

元々、左眼が近視だったのですが、右眼もそれにつられて悪くなってきました。眼が疲れてくると何を見てもピントが合いません。照明を点けたまま寝落ちしてしまう事がしばしばあり、それも悪化を助長しているのかも知れません。錐体細胞は受光すると休みっぱなしになるらしいですからねえ。

そんな訳でディスプレイも暗めにしてエディタも暗い色調で使っております。以下の記事を参考にしました。

Emacs は gnome2, vim は evening というテーマが気に入りました。
それでは本日の気になった記事など。