自炊スキャンデータをKobo Gloに最適化

Kobo Glo 買いました。Kindle Paperwhite と比較したんですが、やっぱり microSD が挿せないのは不便ですから。あと Kindle のコンテンツそんなに持ってませんし。

で、自炊した小説(JPEGファイルをZIPでかためたもの)を Kobo Glo で表示してみたんですが、文字がかすれ気味でちょっと読み辛いです。

そこで電子ペーパーに最適化する方法を検索。見つけたのは以下の記事。

Kindle Paperwhiteで自炊した本を読む手順と便利なツール | ごりゅご.com

calibre というオープンソースのアプリがあるんですね。WindowsでもMacでもLinuxでも動くそうです。

という訳で早速Macにインストールして変換してみたんですが……、あんまり綺麗じゃないですね。原稿とディスプレイの縦横比が違うと悲惨なことに。それにも増して厭だったのが、日本語ファイル名がアルファベットになることです。設定で変えられるとは思うんですが。

他の手は無いかと更に検索。

ScanSnap後の画像処理 – \ay diary

なるほど、ImageMagick の convert コマンドでトリミング出来るんですね。私はZIPを展開したあと、以下のようにターミナルで実行しました。

for i in *.jpg; do
    convert ${i} -type grayscale -sharpen 5 -fuzz 50% -trim -linear-stretch 2%x2% -bordercolor white -border 2%x2% png:- | convert - -depth 4 -resize 758x1024 ${i%.jpg}.png
done

"-type grayscale" でグレースケールに、
"-sharpen 5" で鮮鋭化、
"-fuzz 50% -trim" でファジーにトリミング、
"-linear-stretch 2%x2%" でヒストグラムを引き伸ばしてコントラストを上げ、
"-bordercolor white -border 2%x2%" で白枠を付け(ギリギリにトリミングすると読み辛いので)、
"-depth 4" で 4-bit 化(ファイルサイズが小さくなりますが、ImageMagickのバージョンによっては対応してないかも)、
"-resize 758x1024" で Kobo Glo 用に解像度変換しています。

ライトノベル一冊当たり6分程度かかります。GNU Parallel が使えるようでしたら、

ls *.jpg | parallel -j4 "convert {} -type grayscale -sharpen 5 -fuzz 50% -trim -linear-stretch 2%x2% -bordercolor white -border 2%x2% png:- | convert - -depth 4 -resize 758x1024 {.}.png"

みたいにすると速くなるかも知れません。更にファイルサイズを小さくしたい場合は、以下のように OptiPNG を実行すると5%くらい小さくなるでしょう。

optipng *.png

元ファイルが PDF の場合は kindlizer を使うといいかも。ImageMagick の他に Poppler, sam2p, PDFtk, Rake が必要になります。

Kindlizerの使い方 – はてなの鴨澤

あ、ImageMagick も Parallel も OptiPNG も Homebrew で一発インストールしました。


追記

シェルスクリプトにしてみました。ZIPでかためたJPEGファイルをKobo Gloに最適なCBZファイルにします。→ Zipped jpeg files to CBZ file for Kobo Glo.

どういうわけか鼻風邪に

ちょっと夜更かししただけなのにー。
 連休明けだというのに、一日中洟が止まりませんでした。ずずー。

 NetBSD のインストールCDを Mac mini (PowerPC) に突っ込んで電源を入れたら、青と黒のストライプ画面で止まってしまいました。何だか昔の Linux を思い出しました。

WIndows 7 β on VMware Fusion

晴れましたー。少しだけど桜を撮ることができました。

送信者 風景
送信者 風景
送信者 風景

 VMware Fusion が Ver.2.0.3 になったのを機に、Windows 7 β をインストールしてみました。以前、VirtualBox にインストールしたときは、動作が重くてストレスが……。

 インストールはVirtualBoxに輪を掛けて簡単でした。ユーザー名やシリアルをインストール準備の段階で指定できるんです。後はDVDからシステムをコピーして展開するだけ。少々時間はかかりますが、面倒なことはありません。

 インストール後も快適でした。VirtualBoxでの動作とは比べ物にならないくらいの機敏な動作。VMware凄いなあ。

週末なのでアップデートとか

§ Macports

またも、いつの間にやら Macports が Ver.1.7.1 にバージョンアップしておりました。只今アップデート中です。やっぱり Qt4-Mac のビルドが時間かかりますねえ。

§ LUMIX DMC-LX3

 桜を撮りに出かけたいのですが、生憎の雨。まだ散らないでー。

§ PIXUS MP980

 昔に溜め込んでいた新聞のスクラップをスキャンしてさっぱりしたいと思います。PIXUS MP980(複合機)買いましたし!

Macports を 1.7 にしてみました

昨年にリリースされていたみたいですね。

で、何故かまた mimms のアップグレードでエラー発生。環境変数QMAKESPECが設定されていないとか何とか。

しょうがないので mimms が依存している qt4-mac パッケージからインストールしなおしました。mimms自体は小さいのにqt4-macが巨大なので、インストールに何時間もかかるんですよねー。


% sudo port uninstall qt4-mac
% sudo port install mimms +qt4_mac

運良く(?)これでちゃんとインストールできました。原因がよく分かりませんねえ。

Windows 7 Beta インストール

OS インストールマニア(?)の血が久々に騒いだので仮想環境にインストールしてみました。

先ずは Microsoft から Windows 7 Beta の ISO ファイルをダウンロード。吾は 64-bit 版を選択しました。ダウンロードには Windows Live ID が必要だそうです。プロダクトキーが発行されるのでメモしておきましょう。

次に仮想環境の準備。今回は Sun の VirtualBox を使いました。メモリーを 512 MB のまんまにしてしまった……orz

HDDを新規に作成し、ダウンロードした ISO ファイルを指定して仮想マシンを起動。

見た目……まるっきり Vista でしたねえ。えーと、インストールは場所を指定するだけでした。

終了後、再起動するとユーザーの作成とプロダクトキーの入力を求められました。

使用感ですが……メモリーを少なく設定してしまったからか、それとも VirtualBox だからなのか、やや遅いです。