Android tablet N80RK

Vido N80RK

買いました。一ヶ月くらい前に。
Android カメラアプリの開発用にしようとしたのですが、
200万画素の背面カメラにはオートフォーカス機能がありませんでした。
OCR とか到底無理じゃないか……orz
しょうが無いので OCR の前処理のテストとか読書用に使っております。

Mac の adb に認識させる

USB で Mac に接続して adb devices を実行してみたら N80RK が認識されていませんでした。
以下のように USB の Vendor ID を調べ、 adb_usb.ini に追記すると認識されるようになりました。 Mac には lsusb コマンドが無いんですね。

$ /usr/sbin/system_profiler SPUSBDataType
                (略)
            N80RK:

              Product ID: 0x0010
              Vendor ID: 0x2207  (Fuzhou Rockchip Electronics Co., Ltd.)
              Version: 2.22
                (略)
$ echo "0x2207" >> ~/.android/adb_usb.ini && adb kill-server

それで、 adb で何をやりたかったというと、
たとえばスクリーンショット。

$ adb shell screencap /sdcard/001.png
$ adb pull /sdcard/001.png ./

…… pull コマンドとかってワイルドカード使えないのが困りますよね。
あるいはページめくりのためにタップするのが面倒臭いので、コマンドで周期的にタップ。

$ for i in {001..317}; do
    adb shell input tap 100 600 && sleep 60
done

うーん、やっぱりちゃんとしたタブレット用スタンド欲しいなあ。


参考

自炊スキャンデータをKobo Gloに最適化

Kobo Glo 買いました。Kindle Paperwhite と比較したんですが、やっぱり microSD が挿せないのは不便ですから。あと Kindle のコンテンツそんなに持ってませんし。

で、自炊した小説(JPEGファイルをZIPでかためたもの)を Kobo Glo で表示してみたんですが、文字がかすれ気味でちょっと読み辛いです。

そこで電子ペーパーに最適化する方法を検索。見つけたのは以下の記事。

Kindle Paperwhiteで自炊した本を読む手順と便利なツール | ごりゅご.com

calibre というオープンソースのアプリがあるんですね。WindowsでもMacでもLinuxでも動くそうです。

という訳で早速Macにインストールして変換してみたんですが……、あんまり綺麗じゃないですね。原稿とディスプレイの縦横比が違うと悲惨なことに。それにも増して厭だったのが、日本語ファイル名がアルファベットになることです。設定で変えられるとは思うんですが。

他の手は無いかと更に検索。

ScanSnap後の画像処理 – \ay diary

なるほど、ImageMagick の convert コマンドでトリミング出来るんですね。私はZIPを展開したあと、以下のようにターミナルで実行しました。

for i in *.jpg; do
    convert ${i} -type grayscale -sharpen 5 -fuzz 50% -trim -linear-stretch 2%x2% -bordercolor white -border 2%x2% png:- | convert - -depth 4 -resize 758x1024 ${i%.jpg}.png
done

"-type grayscale" でグレースケールに、
"-sharpen 5" で鮮鋭化、
"-fuzz 50% -trim" でファジーにトリミング、
"-linear-stretch 2%x2%" でヒストグラムを引き伸ばしてコントラストを上げ、
"-bordercolor white -border 2%x2%" で白枠を付け(ギリギリにトリミングすると読み辛いので)、
"-depth 4" で 4-bit 化(ファイルサイズが小さくなりますが、ImageMagickのバージョンによっては対応してないかも)、
"-resize 758x1024" で Kobo Glo 用に解像度変換しています。

ライトノベル一冊当たり6分程度かかります。GNU Parallel が使えるようでしたら、

ls *.jpg | parallel -j4 "convert {} -type grayscale -sharpen 5 -fuzz 50% -trim -linear-stretch 2%x2% -bordercolor white -border 2%x2% png:- | convert - -depth 4 -resize 758x1024 {.}.png"

みたいにすると速くなるかも知れません。更にファイルサイズを小さくしたい場合は、以下のように OptiPNG を実行すると5%くらい小さくなるでしょう。

optipng *.png

元ファイルが PDF の場合は kindlizer を使うといいかも。ImageMagick の他に Poppler, sam2p, PDFtk, Rake が必要になります。

Kindlizerの使い方 – はてなの鴨澤

あ、ImageMagick も Parallel も OptiPNG も Homebrew で一発インストールしました。


追記

シェルスクリプトにしてみました。ZIPでかためたJPEGファイルをKobo Gloに最適なCBZファイルにします。→ Zipped jpeg files to CBZ file for Kobo Glo.

ScanSnap iX500 感想

酷使していた定番ドキュメントスキャナーScanSnap S1500Mのローラーが重送ばかりするようになって、耐え切れず予約注文しました。5000ページくらいスキャンした現時点の感想を述べます。あ、Wi-Fi機能は使ってません。

重送しない!

コレが一番大事。ブレーキローラー様様ですな。
これがなかったら次はCanonのドキュメントスキャナーを買おうかと思ってました。

速い!

実感としてものすごく速く感じます。前機種は読み込む際に一旦停止してましたが、それもありませんし。

ちょっと動作音が大きい

高速化したのでこれはある程度しょうが無いですね。

ガイドが固い

給紙ガイドをスライドさせるのが固いです……。私のだけでしょうか?

裏面の先頭が白くなる

白くなるというか、先頭に白いデータが追加されていますね。カラーでもグレースケールでも。なんだこれ。

JPEGのファイルサイズが2割増

S1500と同じ設定なんですが、今まで200MBくらいだったのが250MB位に。

まとめ

買って良かったと思います。最後の2項目は今後どうにかなりそうですし。
あと気のせいか細い帯がスキャンしやすくなったような。

追記:

ScanSnap Managerがアップデートされ、裏面の余分な白が改善されました!

stick battery and Bluetooth keyboard

買いました。TUNEMAX STICK BATTERY は IDEOS 用に、Bluetooth シリコンキーボードは iPad 用に。

 IDEOSでテザリングとかしていると、すぐに内蔵バッテリーが無くなってくるんです。それでバッテリーを購入しました。容量的にフル充電できるそうなので、多い日も安心(何)。

 キーボードは……、iPadの画面がソフトキーボードで半分近く占領されるのが気に入らないのです。一応Apple純正のドックキーボードも持っているんですが、あれは iPad にカバーを掛けていると物理的に接続できないのです。あと、ふにゃふにゃしたキーボードに興味も在りましたし。ところでこのキーボード、ペアリング時に満充電でないとiPadが検出してくれないんですが……、そういうものなんでしょうか?

iPod touch新調!

 標記の通り、第四世代iPod touchを購入しました!今まで第二世代を使っていました。いやー、マルチタスク出来るわ解像度高いわ動作速いわで快適です。薄過ぎて落としそうになるのが玉に瑕。あ、カバーは付けてません。

 第四世代が発売されて何ヶ月も経った今、どうして買い換えたかといいますと、iOS 4.3以降がサポートされなくなったからです。ソフトは最新版じゃないと落ち着かなくて……。

 ところで吾は小説の読書管理にMediaMarkerというwebサービスを利用しております。iPhoneアプリもありまして、新しいiPod touchにインストールしました。このアプリにはiPod touchのカメラからバーコードを読み取って登録する機能が搭載されており、ものぐさな吾はこれで登録作業が楽になるぞと思ったのですが……。

送信者 その他

 ボケてますね。iPod touchのカメラはオートフォーカスではないので、近いとピントが合わないのです。このボケ具合でもAmazonのアプリなら辛うじて認識してくれるのですが、MediaMarkerアプリは無理でした。仕様がないので安いレンズスタンドを購入。

送信者 その他

 これだと何とか認識成功しました。あー、でもモバイル用のレンズ買おうかなあ。