どういうわけか鼻風邪に

ちょっと夜更かししただけなのにー。
 連休明けだというのに、一日中洟が止まりませんでした。ずずー。

 NetBSD のインストールCDを Mac mini (PowerPC) に突っ込んで電源を入れたら、青と黒のストライプ画面で止まってしまいました。何だか昔の Linux を思い出しました。

広告

ストリーミングについての拘り

またもこの weblog システムにログインできず……一週間振りの更新となりました。あーもう!

 ところで Lantis-net とかメディアファクトリーの Web ラジオのストリーミングは Mac OS X 環境で録音しようとしても一筋縄ではいきません。音泉とか animate.tv とかは素直なのに……。素直にストリーミングで聴けと?或いはキャッシュからサルベージしろと。

 lantis は特に被害甚大。ねぶらとか超自然災害対策室とか大好きなのにー。ストリーミングの定義ファイルが他所の様に asx じゃなくて wsx になってます。asx だと直接、音声データの在り処が書いてあるのに、wsx だとループしてしまいます。

 結局、VMware Fusion で Windows 7 β を立ち上げて、そこから GetASFStream というソフトで録音しています。このソフト、Wine じゃ碌に動かないんですよねえー。

 メディファクラジオは……最近 asx に記述する形から JavaScript で新たなページに誘導する形になりました。まあ、その新たなページに一応 asx の情報が書かれてあるので、そこから mimms に食わせています。面倒臭いですが、これくらいなら何とか。

暖かくなりました 2009

ので散髪致しました。もう羽虫が発生してますね。そういえば燕も翡翠も活躍中。職場は機械が多いので暖かいを通り越して暑いです。まあ、暖房も碌にしてませんでしたから。

 ところで Miro.app というアプリケーションが頻繁にフリーズしてしまいます。eucjpがどうとか。言語環境を “English” に変更するとまともに動くようになります。前バージョンまでこんなことなかったような気がするんですが。

参考:After upgraded, Miro is crashing every time i start it.

WIndows 7 β on VMware Fusion

晴れましたー。少しだけど桜を撮ることができました。

送信者 風景
送信者 風景
送信者 風景

 VMware Fusion が Ver.2.0.3 になったのを機に、Windows 7 β をインストールしてみました。以前、VirtualBox にインストールしたときは、動作が重くてストレスが……。

 インストールはVirtualBoxに輪を掛けて簡単でした。ユーザー名やシリアルをインストール準備の段階で指定できるんです。後はDVDからシステムをコピーして展開するだけ。少々時間はかかりますが、面倒なことはありません。

 インストール後も快適でした。VirtualBoxでの動作とは比べ物にならないくらいの機敏な動作。VMware凄いなあ。

週末なのでアップデートとか

§ Macports

またも、いつの間にやら Macports が Ver.1.7.1 にバージョンアップしておりました。只今アップデート中です。やっぱり Qt4-Mac のビルドが時間かかりますねえ。

§ LUMIX DMC-LX3

 桜を撮りに出かけたいのですが、生憎の雨。まだ散らないでー。

§ PIXUS MP980

 昔に溜め込んでいた新聞のスクラップをスキャンしてさっぱりしたいと思います。PIXUS MP980(複合機)買いましたし!

Macports を 1.7 にしてみました

昨年にリリースされていたみたいですね。

で、何故かまた mimms のアップグレードでエラー発生。環境変数QMAKESPECが設定されていないとか何とか。

しょうがないので mimms が依存している qt4-mac パッケージからインストールしなおしました。mimms自体は小さいのにqt4-macが巨大なので、インストールに何時間もかかるんですよねー。


% sudo port uninstall qt4-mac
% sudo port install mimms +qt4_mac

運良く(?)これでちゃんとインストールできました。原因がよく分かりませんねえ。

Windows 7 Beta インストール

OS インストールマニア(?)の血が久々に騒いだので仮想環境にインストールしてみました。

先ずは Microsoft から Windows 7 Beta の ISO ファイルをダウンロード。吾は 64-bit 版を選択しました。ダウンロードには Windows Live ID が必要だそうです。プロダクトキーが発行されるのでメモしておきましょう。

次に仮想環境の準備。今回は Sun の VirtualBox を使いました。メモリーを 512 MB のまんまにしてしまった……orz

HDDを新規に作成し、ダウンロードした ISO ファイルを指定して仮想マシンを起動。

見た目……まるっきり Vista でしたねえ。えーと、インストールは場所を指定するだけでした。

終了後、再起動するとユーザーの作成とプロダクトキーの入力を求められました。

使用感ですが……メモリーを少なく設定してしまったからか、それとも VirtualBox だからなのか、やや遅いです。

HJ と角川スニーカー 200811

妹が携帯電話を洗濯に出してしまったようです。只今必死に乾燥中。合掌。

Mac mini (PowerPC) の Fedora をアップグレードしたら、また無線 LAN が繋がらなくなってしまいました。もう面倒臭いからクリーンインストールしようとしたら……インストール CD から起動してくれない!ど、どーしよう?

 

それでは本日の戦果。

ΔE94 をワンライナーで

L*a*b* 空間の単純な距離である色差 ΔE (CIE 1976) に比べて少々ややこしい ΔE94 (CIE 1994) を一行で計算してみました。
awk 使ったから実は一行じゃありませんが。

まず色差を算出したい、対となる測色データ file1, file2 を用意します。

file1

95.05 2.00 -8.38
94.90 2.02 -8.26
94.86 2.03 -8.38
94.70 1.98 -8.33
94.43 1.99 -8.18

file2

94.95 1.90 -8.35
94.98 1.94 -8.32
94.90 1.91 -8.27
94.69 1.90 -8.26
94.30 1.92 -8.18

左から順に L*, a*, b* 値です。
後は以下のコマンドを実行すれば ΔE94 が一列に表示されます。 Matlab や GNU Octave を起動してごちゃごちゃするより気が楽ですね。

# paste file1 file2 | awk '{ dL = $1 - $4; dC = sqrt($2 ^2 + $3 ^2) - sqrt($5 ^2 + $6 ^2); dH = sqrt(($2 - $5) ^2 + ($3 - $6) ^2 - dC ^2); cone = sqrt($2 ^2 + $3 ^2); print sqrt(dL^2 + (dC/(1 + 0.045 * cone))^2 + (dH/(1 + 0.015 * cone))^2) }'

出来れば ΔE00 (CIE 2000) や CAM 02 も計算できるようになりたいのですが……技術文書読むのが面倒くさいです(爆)。