Android tablet N80RK

Vido N80RK

買いました。一ヶ月くらい前に。
Android カメラアプリの開発用にしようとしたのですが、
200万画素の背面カメラにはオートフォーカス機能がありませんでした。
OCR とか到底無理じゃないか……orz
しょうが無いので OCR の前処理のテストとか読書用に使っております。

Mac の adb に認識させる

USB で Mac に接続して adb devices を実行してみたら N80RK が認識されていませんでした。
以下のように USB の Vendor ID を調べ、 adb_usb.ini に追記すると認識されるようになりました。 Mac には lsusb コマンドが無いんですね。

$ /usr/sbin/system_profiler SPUSBDataType
                (略)
            N80RK:

              Product ID: 0x0010
              Vendor ID: 0x2207  (Fuzhou Rockchip Electronics Co., Ltd.)
              Version: 2.22
                (略)
$ echo "0x2207" >> ~/.android/adb_usb.ini && adb kill-server

それで、 adb で何をやりたかったというと、
たとえばスクリーンショット。

$ adb shell screencap /sdcard/001.png
$ adb pull /sdcard/001.png ./

…… pull コマンドとかってワイルドカード使えないのが困りますよね。
あるいはページめくりのためにタップするのが面倒臭いので、コマンドで周期的にタップ。

$ for i in {001..317}; do
    adb shell input tap 100 600 && sleep 60
done

うーん、やっぱりちゃんとしたタブレット用スタンド欲しいなあ。


参考

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中