Upgrade Windows XP to 8 in VMware Fusion

Windows 8 Pro のアップグレード版が今月末まで安いというので、何となく買ってなかった VMware Fusion 5 と一緒に買ってアップグレードしようとしました。

VMware Fusion 5 につつがなくアップグレードし、ゲストOSとしてWindows XPが正常に動作していることを確認しました。続いてWindows XPから8にアップグレードしようとし……、そこで2点ほど引っ掛かったのでここに記します。

Windows XP からアップグレード出来ない

HDDの仮想SCSIコントローラーの互換性が無いとかでアップグレードが進められません。
解決方法は、

  1. 共有設定をオフにしてWindows XPを終了。(スナップショットがあればそれも消す)
  2. メニュー→仮想マシン→設定→ハードディスクを開く
  3. ハードディスクを削除。その際「ファイルの保持」を選択する
  4. Finderで仮想マシンファイルを右クリックし、「パッケージの内容を表示」
  5. vmdkファイル(で、連番の付いていないもの)を右クリックし、テキストエディットで開く
  6. “buslogic” の文字列を探して “ide” に置換し、保存する
  7. Fusionのメニュー→仮想マシン→設定で「デバイスを追加」
  8. 「既存のハードディスク」を選択する
  9. 「この仮想ディスクを作成した仮想マシンと仮想ディスクを共有する」をチェック
  10. 上で編集したvmdkファイルを選択して開く

以上です。要するに、既存のハードディスクの設定をIDEに変更して開き直せばいいのです。

ネットワークが繋がらない

めでたく Windows 8 にアップグレードできましたが、インターネットに接続できません。
これの解決方法は、

  1. Windows 8 を終了
  2. Finderで仮想マシンファイルを右クリックし、「パッケージの内容を表示」
  3. vmx ファイルを右クリックし、テキストエディットで開く
  4. ethernet0.virtualDev = "e1000e" を追記し、保存する

これで Windows 8 を起動すると、しばらくしてネットワークが認識されました。めでたしめでたし。

ちなみに今だけ無料という Media Center Pack は導入していません。Windows のコントロールセンターから辿っていくと800円になっていて面倒くさくなりました。


参考:

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中