plot CIELAB on Matlab

図は示せませんが備忘の為に。

紙に出力された二種類のパッチチャートを測色してGamutの差を見たかったのですが、a*b*平面だけだとよく分からないので立体にしてみました。xy色度図とかu’v’にしても埒が明来ませんでしたので。


>> load set1.lab #測色データ読み込み
>> L1=set1(:,1);
>> a1=set1(:,2);
>> b1=set1(:,3);
>> [K1, V1]=convhulln([a1 b1 L1]); # 凸包計算
>> trisurf(K1, a1, b1, L1, 'FaceColor', 'magenta', 'EdgeColor', 'red') # 三角形表面プロット
>> alpha(.5) # 透明度設定
>> hold on
>> load set2.lab
>> L2=set2(:,1);
>> a2=set2(:,2);
>> b2=set2(:,3);
>> [K2, V2]=convhulln([a2 b2 L2]);
>> trisurf(K2, a2, b2, L2, 'FaceColor', 'cyan', 'EdgeColor', 'blue')
>> alpha(.5)
>> (V2 - V1) / V1 * 100 # 二つの体積差をパーセントで
ans =
5.2826

ImageMagickでサイズ変更

 今更なネタですが自分の備忘録として。たまにしか使わないからすぐ忘れる……。

 開発向けのアプリで固定解像度 (1812×1240) のビットマップ画像しか受け付けてくれないというのがありまして。Photoshop なんかで逐一リサイズしてたら面倒くさいことこの上ないのでコマンドラインでやることにしました。

for i in *.jpg ;
do
convert -depth 8 -density 600 -geometry 1812x1280 -crop 1812x1240+0+15 $i `basename ${i} jpg`bmp ;
done

 こんな感じgeometry でサイズ変更して crop で切り出し。デフォルトで 16bit になってしまうので depth 8 が必要。

 ところで最初、geometrycrop を同時にできないものと思い込んで

convert -geometry 1812x1280 input.jpg - | convert - -crop 1812x1240+0+15 output.bmp

みたいにしてました。それはいいんですが、前の方法で生成された画像と若干色合いが違うんですがどういうことなんでしょう……?Cygwin 環境だったから?

iPod touch新調!

 標記の通り、第四世代iPod touchを購入しました!今まで第二世代を使っていました。いやー、マルチタスク出来るわ解像度高いわ動作速いわで快適です。薄過ぎて落としそうになるのが玉に瑕。あ、カバーは付けてません。

 第四世代が発売されて何ヶ月も経った今、どうして買い換えたかといいますと、iOS 4.3以降がサポートされなくなったからです。ソフトは最新版じゃないと落ち着かなくて……。

 ところで吾は小説の読書管理にMediaMarkerというwebサービスを利用しております。iPhoneアプリもありまして、新しいiPod touchにインストールしました。このアプリにはiPod touchのカメラからバーコードを読み取って登録する機能が搭載されており、ものぐさな吾はこれで登録作業が楽になるぞと思ったのですが……。

送信者 その他

 ボケてますね。iPod touchのカメラはオートフォーカスではないので、近いとピントが合わないのです。このボケ具合でもAmazonのアプリなら辛うじて認識してくれるのですが、MediaMarkerアプリは無理でした。仕様がないので安いレンズスタンドを購入。

送信者 その他

 これだと何とか認識成功しました。あー、でもモバイル用のレンズ買おうかなあ。

restarting this blog

こっちのblogを再開したい(希望かよ)。できればこちらは技術系、ソーシャル系の記事を書きます。もう一つのblogは本とか駄文とか。

それはともかく今週末にやったこと。

  • wordpress.comのパスワードを忘れたのでリセット。
  • Gravatarでアイコン設定。
  • Github始めました。

Github使いたいけどGravatar設定しないとアイコンが表示されないらしい。あ、そういえばwordpress.comにblog作ってたんだ。という流れ。