受肉刑 草稿1

覚醒。意識レベル上昇中……完了。

  瞼を開けようとするも違和感。そして眼輪筋の動きに雑音が入る。漸く眼が開くが……画質が悪すぎる。辛うじて鮮明なのは視界の中心のみで、周辺部は解像度が十分の一以下かつ色情報が欠けている。短期記憶バッファと眼球の動きで遣り繰りするしかないだろう。

  次に気になるのが「呼吸」。正直、これほど煩わしいものだとは予想していなかった。

  その次は血流音。耳の中で轟々と唸りを上げている。

「——hi」

  五月蠅い、と呟きかけて諦める。声が、まともな音になっていなかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中