Fedora 9 on Mac mini (PowerPC) 再インストール

表題の通り、再インストールしました。気持ちがすっきりしました。クリーンインストールは精神衛生に宜しいようで。といいますか、思いっきり散財したときと同じような感じです。カタルシス。

例のように無線 LAN はデフォルトの構成では動作しなかったので、ドライバをインストールしました。詳細は以下に。

どうもカーネル 2.6.25 以降はドライバが異なるようです。ここで使用されている “b43-fwcutter” というコマンドは最初から Fedora に入っています。

# export FIRMWARE_INSTALL_DIR="/lib/firmware" ↵
# wget http://mirror2.openwrt.org/sources/broadcom-wl-4.150.10.5.tar.bz2
# tar xjf broadcom-wl-4.150.10.5.tar.bz2 ↵
# cd broadcom-wl-4.150.10.5/driver ↵
# sudo ../../b43-fwcutter-011/b43-fwcutter -w "$FIRMWARE_INSTALL_DIR" wl_apsta_mimo.o ↵

後は /etc/modprobe.conf"alias wlan0 b43" という行を追記して、


# rmmod b43 && modprobe b43 ↵

を実行したのち再起動すれば、無線 LAN が繋がるようになりました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中