差分バックアップ

業務に必要なデータをバックアップしました。
コピーだけなら


$ cp -R (バックアップ元) (バックアップ先) ↵

だけで構わないのですが。
しかし今後のことも考えて継続的なバックアップを講じてみました。いや、まあ、 rsync を使うだけなんですが。使い方は……ああ、ここ (double-h.com) が分かり易いですかね。取り敢えず以下のような感じで。初回は時間がかかりますが、以降は高速処理されます。


$ rsync -avz --delete (バックアップ元) (バックアップ先) ↵

しかし!バックアップしようとしているサーバの OS は rsync のインストールされていない Solaris 10 だったのです。
仕方がないので Solaris 用のフリーソフトを配布している Sunfreeware.com で rsync を探しました。……あ、 popt も要るんですね。
パッケージをダウンロードしようとするも、何故かタイムアウトで異常終了してしまいます。已む無くソースコードからコンパイルすることにしました。
popt も rsync も、以下のような感じでインストールできます。


$ tar zxvf (パッケージ名) ↵
$ cd (パッケージ名) ↵
$ ./configure ↵
$ make ↵
$ su ↵
Password: (root パスワードを入力) ↵
# make install ↵

因みに popt をインストールした後でライブラリの検索パスに /usr/local/lib を追加しました。


# crle -u -l /usr/local/lib ↵

これで rsync が使えるようになりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中