WordPress アップグレードテスト

連休前にアップグレードしたばかりの Ubuntu Linux にて、 WordPress のアップグレードを実験してみました。

アップグレード前のバージョンは WordPress ME 2.0.11-2.
これを本家の最新版 2.5.1 に上げてみました。
二つのバージョンの間でデータ構造に二回程変更があったそうです。上手くアップグレードできるか心配だったのですが……文字化けもなく成功しました。

手順は基本的に以下の通り。因みにテストサーバではプラグインを使用していませんでしたので 2 と 6 は不要でしたが。

  1. WordPressデータベースのバックアップを行う
  2. 使用しているプラグインをすべて無効にする
  3. 2.5.1でなくなったファイルを削除
  4. WordPress 2.5.1 のファイルを上書きアップロード
  5. /wordpress/wp-admin/upgrade.phpにアクセスしてデータベースを書き換える
  6. 管理画面にログインしてプラグインを一つずつ有効にして表示を確かめる

アップグレード後、システム言語が英語になっていたのですが、 wp-config.php というファイルの中の ja_UTF という記述を ja に変更すると日本語になってくれました。

ところで実験用のデータとしてこの Weblog のバックアップデータを用いたのですが、 wp-options を書き換えずにデータをインポートしてしまったため、少々面倒なことになってしまいましたがそれは別の話。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中