Solaris 10 再挑戦中

仮想環境に Solaris 10 を再導入しました。コンパニオンディスクの中身を全部追加しようとするとルートパーティションが満杯になってしまいましたので。

ダウンロードからインストールまではこちら。吾の場合、外付け HDD に環境を用意した所為かインストールが途中で止まってしまう事もしばしば。いや、ウェブラジオを聴きながら作業した所為か。
パーティション構成だけはカスタマイズしました。ルートパーティションを 10GB 程増量。初期設定では最低限しか確保してくれないインストーラーなのです。
コンパニオンディスクの中身も全部入れてしまうことにしました。
CD ドライブにコンパニオンディスクを挿入しますと、中の README ファイルに説明があります。
先づは以下の内容で /var/tmp/admin というファイルを作成します。

mail=
conflict=nocheck
setuid=nocheck
action=nocheck
partial=nocheck
instance=overwride
independ=nocheck
rdepend=nocheck
space=check

コンパニオンディスクの中に “Packages” というフォルダがあるので其処をカレントディレクトリにして以下のコマンドを実行。

pkgadd -a /var/tmp/admin -d `pwd`

質問されますが、全部入れる場合はエンターキーを押すだけでいい筈です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中