蟲と眼球と白雪姫

蟲と眼球シリーズ最終巻。いや、最後にファンディスク的なものが残ってますが。

感動した。取り敢えずあのオチは絶賛します。そして本書の構成が凄い。プロローグと複数のエピローグのみで構成されています。本文(ローグ)は何処だ?

蟲と眼球(めだま)と白雪姫

本シリーズを読み始めて不思議に思ったのは、神の欠片である「林檎」が集結し過ぎている、ということでした。この最終巻ではその問題に対するこれ以上ない解答が出されています。他の伏線も怒涛の勢いで回収されていて、ミステリを読んでいるような気になります。

一つ残念なのは、主人公格の三人の影が薄いことです。ほぼオチにしか活躍しません。脇役の物語が重過ぎましたかねえ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中