FoxTorrent のこととか

ようやっと Mandriva Linux 2008.0 の DVD (64-bit) がダウンロード完了。BitTorrent 使いました。もう直接 ISO 落とすのは怖いですな。

早速 VMware Fusion でインストールしてみました。日本語を選択するとフォントが細い明朝体になっていてちょっとびびった。インストール後は綺麗なゴシック(UmePlus?)になっていますが。えーと、インストール自体は特に問題もなく終了。最近の Linux はディストロ毎の特徴が薄くなって少々寂しいですなー。あ、KDE のメニューボタンのテキストが「メニュー」になっていて何だかちょっと笑えました。VMware Tools をインストールしてコマンドラインでコンフィグするとき、画面の解像度の選択がおかしな事になっていましたが、そのまま Enter キーを押し続けていたら問題なかったです。

そう云えば Ubuntu Linux 7.10 がリリースされていました。吾は 7.04 からアップグレードしました(どれも日本語版)。少々時間がかかりましたが。本バージョンでは VMware Tools を正常に動かす事が出来ました。7.04 で上手く動かなかったのは何だったんでしょうね?

ところで Mandriva の ISO は FoxTorrent を使用してダウンロードしました。Opera にはデフォルトで BitTorrent の機能が付いているのに FireFox には(拡張機能ででも)ないのかと思い、探してみたら……ありました。それがこの FoxTorrent。細かい設定は何も出来ませんが、とにかく簡単に BitTorrent が利用出来ます。詳しい使い方とかはFoxTorrent、ついに公式リリース:FireFoxでTorrentをダウンロード可能に。あ、Windows® の FireFox にインストールするとコントロールパネルに何か出来ています……。これの関係かな?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中