openSUSE 10.3 と Mandriva 2008 をインストール on VMware Fusion

えー、前述した通り、openSUSE 10.3Mandriva 2008.0 を VMware にインストールしてみました。

  • openSUSE 10.3
    折角 Core 2 Duo の iMac なので、64 bit の DVD イメージをダウンロードしてみました。

    インストールはと言いますと。インストール自体は順調に終了したのです。
    初回起動設定、最終段階の「ハードウェア設定」の途中で画面が真っ暗になってしまいました。再起動しても初回設定が始まって同じ箇所でブラックアウト。VMware Fusion 固有の問題でしょうか?仕方が無いので初回設定を終了させて、コマンドラインで YaST を起動、どうにか画面設定をして正常に起動する事ができました。

  • Mandrake 2008.0

    One と Free がありまして、今回は One を入れてみました。こちらは Live CD なので面倒な事は殆どありませんでした。

    ただ……、日本語リソースが無い?

    あー、Free をダウンロードしなおしましょう。

関連:Linux ディストリビューションのリリースが

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中