環境問題はなぜウソがまかり通るのか The Lie of an Environmental Problem

多くの「問題」は、「視聴率の獲得」や「研究費の獲得」などのために仕立て上げられている。故に「問題」の多くが結末もはっきりしないまま忘れ去られてゆく。正しく針小棒大かつ竜頭蛇尾ではないか。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか

このテーマ自体は好みだし、データも興味深いのですが。どうも著者が科学者とは思えない(失礼)。はじめに結論ありきで、論理が飛躍している。換言すれば「牽強付会」。しかもその結論が何だか年寄り臭い。まあここまで徹すれば逆に爽快ですが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中