陰陽ノ京 巻の五

清明の出張中、京に現れた、天狗を連れた盗賊団。襲われたのは盗るものなどない下級貴族の館。鶴楽斎とは、天一貴人とは誰なのか。

陰陽ノ京 巻の五

いやー久々の『陰陽ノ京』シリーズは良かった。そう云えば今回、レギュラー陣は殆ど術を使ってませんな。

テーマは「母性愛」?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中