リバーシブル 1.黒の兵士

高感度、高速度、高出力のボディ。眼前に広がる、偏執的なまでに緻密に構成された仮想世界の新首都。攻めるは最新鋭アンドロイド、護るは理想的生物兵器群。感覚神経に直接介入するインターフェイスコントローラ『調停者』、そしてテロル遂行ゲーム『マスケラ』。二つの要素が物語を生む──。

リバーシブル 1.黒の兵士

伊緒嬢が可愛いぞー!何ですか、吾を萌え殺す気ですか。そしてこの設定だともっとドロドロできそう。悪く云えばインパクトが足りない。去年の角川学園小説大賞の選考はマイルド&ハートウォーミング寄りですかね。

途中までセントラル・シティーのあるN市は奈良市だと思ってました。災害に強い、碁盤目状の、頭文字がNの、関西に睨みを効かせられる都市となるともうこれしか。しかし「南に海岸」という要素がでてきて没に。うーむ、候補は淀川がポロロッカになった京都市か、神戸市ぐらいか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中